塗装工事の有機溶剤は使用して大丈夫?安い塗料は危険です!

有機溶剤塗料

塗装工事の有機溶剤は使用して大丈夫?安い塗料は危険です!

〔目次〕

外部の塗装工事に使われる事が多い油性の塗料には、有機溶剤が含まれています。
俗に言うペンキ臭いというニオイは、有機溶剤から発しています。

有機溶剤がいけないと言われる理由

有機溶剤がなぜいけないのか、それは溶剤中毒となる成分が沢山含まれているからです。

なかでも、がん原性指針に該当するのが、クロロホルム、四塩化炭素、ジクロルエラン(別名二塩化エチレン)という成分です。

その他、トルエンやキシレンなどが体に良くないと言われており、大きな問題と言われる事も。

けれどもそうは言っても、最近の溶剤系塗料はしっかりそこら辺も考えられています。現在流通されている塗料は基本的に問題無い物が多いです

あまりに安い施工費用の業者の場合には、こう言った対策が取られていない物を使っている所もありますので注意が必要です。

塗装工事の際に気を付ける事

現在、健康被害の有る材料は殆ど使われておりません。

外部であっても、塗装工事の際には安価な塗料は使用を避けましょう。

外壁業者選びで分からなくなってネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装を行う業者は、口先上手なセールスマンの話では無く『職人と直接話せる業者』を選ぶのが失敗しない大事なポイントです。

≫外壁塗装業者は「職人と話せる業者」を選ぶべき理由とは?

しかし、塗装工事を依頼した際、使う材料が本当に安全な有機溶剤なのか解らない場合もあります。

塗装工事を行う場合は、万が一の為に以下の事に気を付けるようにしましょう。

・塗装工事中は窓を開けない
・家の中でマスクをして過ごす
・外出出来るのであれば塗装工事中は外出して家に居ないようにする
・外壁塗装工事終了後3時間以内は塗装部分に近づかない

このような事に気を付けると、万が一対策の取られていない有機溶剤を使われていたとしても中毒になりにくくなります。

異変を感じたらすぐに病院へ行こう

病院

一般的な水性塗料ではありえませんが、万が一、次のような症状になった場合、注意が必要です。

・手荒れ
・物凄く疲れた感じがする
・足がダルイ
・頭痛、めまい
・いらいら
・胃もたれ
・不眠

このような状態になったら、新鮮な空気を吸う事が出来る場所に避難をして過ごすと、軽度であれば治まっていきます。

それでも無理な場合は、お医者さんに相談をしましょう。

現在、こういった対策を取られていない有機溶剤を使う塗装工事はほぼあり得ませんが、材料はまだ世の中には存在しているので、使おうとする業者は居るようです。

重大な影響がある塗料と事前に知らせず使う事は違反ですので、工事中に使っている材料の缶等をチェックしておくと良いでしょう。

材料にはF☆☆☆☆のマークは絶対に入っていませんので、事前に業者さんに塗料についてはチェックしてみる事をおすすめ致します。

どのリフォーム業者に相談したら良いのか迷ってませんか?船橋外壁塗装ネット ≫千葉県内や船橋市内で外壁リフォームの評判が良い会社リストを確認してみる

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)