タイルの外壁のメンテナンスを楽にする塗装処理が今人気です!

タイル壁の外壁塗装

自宅をタイルの壁にした時に塗装する必要ってあるの?そんな疑問を持っている方もいるかも知れません。

一般の住宅というよりは、マンションやアパートでよく見かけるのがタイルの壁です。

このタイルの外壁でも、最近は塗装するケースがとても増えて来ているんです。

今回はそんな、タイルの壁は塗装する必要がある理由についてご紹介致します。

タイルの壁でもメンテナンスを楽にする為に塗装する事が多い

従来、外壁材としてのタイルの特徴としては、

(1) 色が落ちたり褪せたりしないこと
(2) 耐久性が高く、塗装の必要がないこと

こういった事がと言われてきました。しかし最近では、タイルでも塗装が行われるようになってきています。

それはどうしてなのか?その辺の事情について、ご紹介したいと思います。

ちなみに、今まででも、タイルの壁にメンテナンスが不要だったわけではありません。

外壁業者選びで分からなくなってネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装を行う業者は、口先上手なセールスマンの話では無く『職人と直接話せる業者』を選ぶのが失敗しない大事なポイントです。

≫外壁塗装業者は「職人と話せる業者」を選ぶべき理由とは?

割れたり剥がれ落ちたりすることがありますし、目地の部分のコーキングは年月とともに劣化しますので、どうしてもその打ち直しだけは必要になります。

さて、タイルの壁に塗装が必要になった理由ですが、それはもちろん「汚れ」です。

酸性雨や排気ガスの影響で、水では落とせない煤けたような汚れが付いてしまうからです。

もちろん薬品洗浄をすることで汚れ自体は落とせますが、それならメンテナンスが楽になるよう「タイルを保護する塗料を塗っておこう」と考えられるようになったわけです。

タイルの塗装を行う手順について

塗装の手順としては、薬品洗浄をして汚れをきれいに落としてから、通常の高圧洗浄で薬品を洗い流します。そのあと、目地などを補修して、最後に塗料を塗って完了です。

なお、塗装に関しては二つの方法があります。一つ目は、タイルに汚れが染み付いてしまっている場合で、この時には「ペイントリフォーム」を行います。

また、もう一つは、耐久性の強い透明な保護膜を作るための「クリアー塗装」です。

こちらに関しては、アクリルシリコン塗料にセラミックを配合した製品などが通常使われます。

セラミックにはセルフクリーニング機能がありますから、雨が汚れを洗い流してくれます。

タイルの壁の汚れや毎回のメンテナンスにお金がかかって気になるという方は、次回のメンテナンスの時に塗装を検討される事をお勧め致します。

どのリフォーム業者に相談したら良いのか迷ってませんか?船橋外壁塗装ネット ≫千葉県内や船橋市内で外壁リフォームの評判が良い会社リストを確認してみる

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)