外壁にクラックが発生する原因と正しい対策ご存知ですか?

外壁のクラック

外壁にクラックが発生する原因と正しい対策

〔目次〕

【PickUp!】≫船橋で多くの方に愛されている外壁リフォーム業者リスト
住宅の塗装工事の評判が船橋エリアで一番良い会社ってどこ?みなさんの口コミから地域で評価の高い会社を集めてご紹介しています。

外壁にクラックが発生する原因ご存知ですか?

外壁にクラックが発生しやすい建物は、モルタル外壁や鉄筋コンクリート造の建物の場合発生しやすい傾向があります。

発生率は少ないですが、他にはALCや窒素系サイディングにも発生してしまう事もあるのです。

モルタル外壁や鉄筋コンクリート造にクラックが多く発生してしまう理由は、乾燥の際に収縮を繰り返すからです。

収縮の際にコンクリートペーストという物質が収縮する事で、モルタルやコンクリートは変形し、追従が追い付いて行かない事でクラックが発生してしまいます。

外壁等は面積が広いので、追従が追い付かなくモルタルやコンクリートの中の弱い部分にクラックが発生してしまいます。

クラックが外壁に発生すると建物に影響を与えてしまいます

外壁クラックの影響

外壁業者選びで分からなくなってネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装を行う業者は、口先上手なセールスマンの話では無く『職人と直接話せる業者』を選ぶのが失敗しない大事なポイントです。

≫外壁塗装業者は「職人と話せる業者」を選ぶべき理由とは?

モルタルとコンクリートが通所通り作用すると、間違いなく起きてしまう避ける事が出来ない現象です。

しかし、外壁にクラックが発生してしまうのは、見た目的にも構造的にも良い事はではありません。

クラックが発生してしまうと、様々な外的刺激に影響を受けてしまい、クラックの度合いが不毒なってしまいます。

雨漏りなどの不具合が発生してしまったり、鉄筋コンクリートの場合は雨水の浸食により鉄筋にサビを発生させてしまい致命的な欠落が生まれてしまいます。

外壁にクラックを発生させない為の対策

モルタル外壁や鉄筋コンクリート造にクラックを発生させない方法は、1つしかありません。

それは、クラックが出来る部分をあらかじめ作ってあげる事です。それが、誘発目地です。

誘発目地とは、モルタル外壁や鉄筋コンクリート外壁の表面上にあえて目地を作り、目地部分を弱くする事で目地にクラックを発生させて、平らな部分にはクラックを発生させないという施工方法です。

モルタル外壁や鉄筋コンクリート外壁を作成する際に、目地棒等による目地を作ります。

目地の溝にはコーキングを充填する事で、万が一クラックが目地内に発生しても防水力を強化させる事が出来ます。

誘発目地は、後からカッターを入れて作る事も可能ですので、モルタル外壁や鉄筋コンクリート造でクラックのお悩みがある場合は、1度検討をしてみると良いでしょう。

どのリフォーム業者に相談したら良いのか迷ってませんか?船橋外壁塗装ネット ≫千葉県内や船橋市内で外壁リフォームの評判が良い会社リストを確認してみる

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)