コロニアル屋根に苔や藻が生えてきたら放置するのはキケンです!

コロニアルの苔

コロニアル屋根は、10年位経つとコケや藻が発生してしまいます。特に日の当たりにくい北側に、多く発生してしまいます。

板金や瓦と違い、コロニアルに苔や藻を付けたままにしておくと、塗膜を劣化させてしまう事がありますので、良くありません。

コロニアル屋根の苔や藻は放っておくと危険です!

船橋市においても、コロニアルの屋根材の色が劣化してしまい薄くてカッコ悪い状態になっているのを見かけますが、それは苔により塗装が風化した証拠です。

解る人に見られたら、コロニアルの色が劣化してしまったのが一目瞭然です。

また、塗装が劣化してしまうとコロニアルの性質が下がってしまうので、雨漏りに繋げてしまう事がありますので、良くありません。

苔を屋根に確認できるようになったら塗装や洗浄しよう

苔や藻が見受けられたら、即洗浄や塗装を行って取り除きましょう。

コロニアルの劣化が見受けられない場合は、高圧洗浄機を使って洗浄しましょう。屋根の作業は素人では危険ですので、必ず業者に頼みましょう。

コンプレッサーを使って行う本格的な高圧洗浄機を用い、綺麗に苔や藻を取り除いてくれます。

外壁業者選びで分からなくなってネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装を行う業者は、口先上手なセールスマンの話では無く『職人と直接話せる業者』を選ぶのが失敗しない大事なポイントです。

≫外壁塗装業者は「職人と話せる業者」を選ぶべき理由とは?

あまりにも苔や藻が酷い場合は、薬品を使って綺麗に取り除いてもらいましょう。

建物外観を洗浄する薬品は害が無い薬品なので、他の部分に飛び散っても心配ありません。

でも気になる場合は、養生や近隣住民へのご報告を事前に行ってから作業を行いましょう。

洗浄後は屋根の塗装を行って再発防止

綺麗に洗浄をしたら、塗装自体も劣化しておりメンテナンスが必要なので、塗装を行いましょう。

劣化してしまったコロニアルの塗装も、新しく塗装を掛ける事で復活します。

苔や藻の影響でコロニアル自体が劣化している場合は、新しいコロニアルに取り換える様にしましょう。

まずしっかりとした業者さんにコロニアルの劣化具合を相談しましょう

コロニアル自体が劣化していると、水分を含んでしまうので雨水を回避する為の本来の屋根の役割をこなす事ができなくなってしまいます。

コロニアルに苔が発生してしまうと、コロニアルに大きな影響等を与え、雨漏りを引き起こしてしまいます。致命的な状態になる前に、綺麗に取り除きましょう。

こういった様に、コロニアルの劣化具合については必ず「地域で信頼できる屋根や外壁のリフォーム店」に相談する様にしましょう。

どのリフォーム業者に相談したら良いのか迷ってませんか?船橋外壁塗装ネット ≫千葉県内や船橋市内で外壁リフォームの評判が良い会社リストを確認してみる

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)