一戸建ての外壁手入れは放置しておくと高額な補修費がかかる!

外壁の手入れ

一戸建ての外壁はメンテナンスも大事ですが、日頃のお手入れもとても大事となります。
建物は建てて終わりではなく、建物を長く使っていく為にはお手入れが必須となります。

一戸建ての外壁は長持ちさせる為に手入れを忘れずに!

同じ築年数でも、ボロボロの家とそうじゃ無い家があります。その差は、お手入れをしているか否かの差です。

せっかくの財産がボロボロになってしまうなんて、悲しいですよね。

なぜそうなってしまうのかと言うと、外壁は建物を外的刺激から守るために、非常に厳しい環境にさらされています。その為、常に劣化に進んでいます。

劣化は日々進んでいる物と理解し、定期的なお手入れをして完璧な外壁を保ちましょう。

外壁の手入れを行う際には劣化具合を点検しましょう

まずは、外壁を定期的に点検する事が大事となります。外壁の劣化は、南側が太陽光による劣化、北側が湿気等による劣化が発生します。

最低でも3ヶ月に1回は、家の周りをグルッと回って細かく点検するようにしましょう。

家の周りを点検した際に見受けられた劣化は、その都度お手入れをしましょう。
例えで挙げられるのは、このような劣化です。

  • コーキングの切れ、ヨレ
  • 窓周りやフードの外壁のひび
  • 外壁の剥がれ
  • 外壁のチョーキング(白い粉が手に付く)
  • サイディグの著しい浮き

等、これらは放っておくと建物内部に影響してしまいますので、良くありません。

外壁の劣化が確認したら早めに手入れを行おう

全てまとめてリフォームの時に一緒に行うでは、建物が劣化し始めてしまいます。

気が付いた時に少しでもお手入れをする事で、建物が長持ちしてリフォームの際の金額も抑える事が出来ます。

外壁は家を守ってくれているので、少しでも欠陥があるとそこから雨漏りなどの被害を作ってしまいますので、絶対に放っておいてはいけません。

戸建ての外壁の手入れはプロの業者にしっかり行ってもらおう

このようなお手入れは、軽度ですと自分で出来るかなぁ、と思ってしまう方も居ると思います。

しかし、外壁という性質ゆえに、お手入れのやり方を間違ってしまうと、もっと厄介な事に陥ってしまう事があります。

軽度なお手入れは、業者に頼んでも軽度な金額で住みます。

建物をきちんと守る為には、業者に頼んでお手入れをしてもらいましょう。

どのリフォーム業者に相談したら良いのか迷ってませんか?船橋外壁塗装ネット ≫千葉県内や船橋市内で外壁リフォームの評判が良い会社リストを確認してみる

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)