雨樋の音が「うるさい」と感じたらメンテナンスが必要です!

雨樋がうるさい

雨樋は、本来雨水を流す為のアイテムです。

しかし、ゴミが溜まったり雨樋にかかった余計な荷重によって、雨樋を支える金具が曲がってしまい、雨樋の機能を果たしきれなくなる事も。

雨樋の中が詰まって状態が悪くなってしまうと、雨音がうるさく聞こえてきてしまいます。

雨樋のつまりが酷くなると音がうるさいと感じる様になります

特に夜中になるとその音は響き始め、気になって眠れなくなってしまう方も居るみたいです。

そのような状態になってしまうと、ご近所にも雨音の騒音を与えてしまっている事もあり、よくありません。

ここまでになってしまったら、早めのメンテナンスで雨樋の中を綺麗にしましょう。

このような状態を避ける為には、雨樋の点検をこまめに定期的に行うようにし、雨樋が厄介な詰まり状態になる事を避ける事です。

雨樋の流れが良くない場合には屋根リフォーム店に掃除を依頼しよう

雨樋の流れは、ご自分でも確かめる事が出来ます。雨樋の流れを確認して、すんなり流れているようでしたら問題ありません。

外壁業者選びで分からなくなってネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装を行う業者は、口先上手なセールスマンの話では無く『職人と直接話せる業者』を選ぶのが失敗しない大事なポイントです。

≫外壁塗装業者は「職人と話せる業者」を選ぶべき理由とは?

少しでも流れが良くない場合は、中のどこかで詰まっている可能性があります。

簡易的な詰まりであれば、ご自身で取り除く事も可能です。しかし、雨が流れてこない程厄介な状態であれば、業者に頼んで詰まりを解消してもらいましょう。

詰まりやすい竪樋部分は、丸樋と角樋があります。

安価な丸樋よりも角樋の方が断然詰まり辛い

安価で普及されているのは丸樋で、こちらは形状から詰まりやすい傾向があります。角樋は底が平らになっているので、排水能力が高いので詰まりにくいです。

特に丸樋の場合は、点検やメンテナンスを手厚く行うようにする事をオススメします。

あまりにも詰まりが酷い場合は、素人が無理やり乱暴に扱うのではなく、業者にお願いして雨樋の中を綺麗にしてもらいましょう。

また、塩ビ製等の耐久性が乏しい雨樋を使っている場合は、また似た様な事が起きてしまう場合がございます。

出来れば、思い切って他の強い材質の雨樋に取り換える事をおすすめします。

どのリフォーム業者に相談したら良いのか迷ってませんか?船橋外壁塗装ネット ≫千葉県内や船橋市内で外壁リフォームの評判が良い会社リストを確認してみる

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)