バスルームの壁をDIYでリフォームする時の参考点!

お風呂の壁のリフォーム

最近の住宅はユニットでトイレや浴室を作るようになっています。ですが、少し前まではタイル目地のバスルームも多く存在していました。

もちろん、中古の住宅を購入すれば、そのような浴室は良く見かけます。

そんな中古住宅のリフォームでは、キッチンと並んでバスルームは最もリフォームを行うところです。だ

からこそ、中にはお風呂のリフォームをDIYで行ってしまいたいと言う方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はそういった、バスルームをDIYで出来る壁のリフォームについてご紹介致します。

お風呂のリフォームのDIYについて

お風呂のリフォームはそれなりに費用も必要になるのですから、自分でできればありがたいですね。

ですが、構造自体を直さなくてはいけない場合もあり、そういうときはリフォーム会社にお願いするしかありません。ここでは自分でできる範囲のことを説明して行きます。

DIY”Do it yourself”で行えることをやっていきましょう。

まず、バスルームがタイルである場合はDIYでは無く、業者さんにお願いする方が先々を考えると良いと思います。

外壁業者選びで分からなくなってネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装を行う業者は、口先上手なセールスマンの話では無く『職人と直接話せる業者』を選ぶのが失敗しない大事なポイントです。

≫外壁塗装業者は「職人と話せる業者」を選ぶべき理由とは?

目地のカビ汚れなどは自分で落とすことが出来ますが、タイルのひび割れなどは左官でやってもらいましょう。

バスルームの壁はDIYでリフォーム可能!

塗り壁の汚れであれば、表面の汚れ、カビを落としてから塗ることできれいに仕上げることが出来ます。

塗る面のゴミ、油分、かび、ワックスなどは取り除くようにします。

ハガレかけている塗料はワイヤーブラシなどで充分にとり、サンドペーパーで表面をならします。

お風呂の壁のリフォームの注意点!

カビは「かび取り剤」でとり除いてください。かなり強力なものはガスが出るので、換気を十分に行いましょう。

かびをとった後は、大量の水で洗い流し、ぞうきんで液をふきとって充分に乾かします。(かびとり液が残っていると密着不良や乾燥不良をおこします。)

壁面のひび割れや穴はコーキング材で埋めます。塗りは下地をしっかりと作って、それから仕上げ塗りを行います。

当然ですが防水が必要ですので、仕上げの塗りは重要です。

こういった様な手順でお風呂の壁のリフォームは進めて行きましょう。

くれぐれも、無理はせず「ちょっと難しい」と思ったら大変な状況になる前に地元の業者さんにお願いする事をおすすめ致します。

どのリフォーム業者に相談したら良いのか迷ってませんか?船橋外壁塗装ネット ≫千葉県内や船橋市内で外壁リフォームの評判が良い会社リストを確認してみる

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)