家の外壁塗装はDIYでできるのか?リスクや問題点を事前に確認!

外壁塗装のリスク

前回の塗り替えから早10年以上経ってくると、そろそろ外壁のリフォームのタイミングです。

何かしら薄汚れた感じの我が家を眺めながら、「今度の壁のリフォームは自分でやってみようか……」などと思い悩む方が少なからずいるのではないでしょうか?

しかし壁のリフォームをDIYでやることは、実際に可能なのでしょうか。

今回は、家の外壁塗装はDIYで出来るのかを詳しく検証して行きます。

外壁リフォームは自分で出来ない事も無いけれど・・・

内壁とは違って、外壁のリフォームは確かに簡単ではありませんが、自分でできないことはありません。

まず壁のリフォームといっても、3つの方法があります。

「塗り替え」「重ね張り」「張り替え」です。重ね張りは、今ある外壁の上から、さらにサイディングなどを張る方法。

また、張り替えは、壁を一度解体して、下地部分から作り直す方法です。どちらも個人がDIYでできる作業ではありません。できるのは、壁の塗り替えくらいでしょうか。

つまりは、今ある壁をキレイに塗り直す作業です。

外壁業者選びで分からなくなってネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装を行う業者は、口先上手なセールスマンの話では無く『職人と直接話せる業者』を選ぶのが失敗しない大事なポイントです。

≫外壁塗装業者は「職人と話せる業者」を選ぶべき理由とは?

DIYで塗り替えができれば、確かに楽しいでしょうし、費用の節約になるかもしれません。

それが自分でやるメリットですね。ただし問題は、それを遥かに上回るデメリットがあるという事実です。

外壁をDIYで初めると、結局高額になってしまう事も

一応、塗料をはじめとする材料や工具は、ホームセンターで買い揃えられますが、プロ仕様でないレベルの低い塗料になってしまうのが難点です。また、足場の問題をクリアしなければなりません。

自分で壁の塗り替えをやる場合、通常1ヶ月はかかると思いますが、その間の足場のレンタル代金は結構費用が発生してしまいます。

作業自体に関しても、問題点は山積みです。高圧洗浄でしっかりと汚れを落とせるのか。 その後の、壁の補修は大丈夫か。下塗りから上塗りまで、きれいにムラなく塗れるのか、などなど挙げればリスクはキリがありません。

結局最後はプロに頼むケースが殆ど

一番の問題点は……、もちろん「ケガをしたらどうするの?」ということですね。

楽しさを求めて始めた作業も、何日か経てば義務になって来て、その次には苦痛になるのが普通です。

その段階で業者に助けを求めると、結局は多額の出費をすることになりかねません。自分でやる壁のリフォームは、やはり無謀と言える物かも知れませんね。

やはり外壁塗装は家を守る為にやるものですから、仕事が確実なプロの職人にお願いする事がおススメですよ。

どのリフォーム業者に相談したら良いのか迷ってませんか?船橋外壁塗装ネット ≫千葉県内や船橋市内で外壁リフォームの評判が良い会社リストを確認してみる

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)