屋根の手入れやメンテナンスは手を抜かず専門業者に依頼しよう!

屋根のメンテナンス

屋根材の種類にもよりますが、たとえばカラーベストやコロニアルといったスレート系の場合、一般的には7年~10年が、屋根のお手入れの目安になるようです。

今回はそういった、屋根のお手入れやメンテナンスについて解説して行きます。

屋根にはお手入れやメンテナンスがちゃんと必要です!

屋根のメンテナンス時期は、少なくとも見た感じ、色が褪せてきていたら要注意です。

大切な我が家をできるだけ長持ちさせるためにも、早め早めのお手入れを心がけましょう。

その方が作業も簡単ですし、費用も掛かりません。

最もポピュラーなメンテナンスは「塗り替え」

さて、屋根のお手入れで一番簡単なのが「塗り替え」です。下地に劣化がなければ、屋根塗装だけで大丈夫というわけです。

とはいえ、屋根の塗装工事は、単に塗料を塗るだけではありません。

安全に、かつ入念な作業をするには、足場を組まなければいけませんし、塗料などの飛び散りを防ぐにはネットを張ることも必要です。

しっかりお手入れするなら高圧洗浄も

そして、もう一つ大切なのが、高圧洗浄機による屋根の洗浄です。

外壁業者選びで分からなくなってネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装を行う業者は、口先上手なセールスマンの話では無く『職人と直接話せる業者』を選ぶのが失敗しない大事なポイントです。

≫外壁塗装業者は「職人と話せる業者」を選ぶべき理由とは?

新築であっても7年も経てば、屋根はそれなりに汚れていますし、コケや藻なども多数付着しています。

つまりは、それらを取り除くのが、高圧洗浄の役目です。

高圧洗浄機といっても別に特別なものではありません。水道水をガソリンエンジンで加圧し、ジェット水流として噴出させる機械です。

ただし、洗い流すというよりは、汚れなどを「削り落とす」といった方が、言葉としてはピッタリです。

お手入れやメンテナンスも「手抜き」はダメ!

ちなみに、もし高圧洗浄をしなかったり、手抜きの洗浄しかしなかったら、最悪の場合、塗装が剥げ落ちて、1年後には再塗装という可能性も十分にありえます。

なお、高圧洗浄には通常、水道水が使われますが、コケが頑固に張り付いているような場合には、例外的に塩素系のカビ取り剤なども使われます(最終的には水で洗浄)。

以上のような作業を行った後、ひび割れ部分などを補修すれば準備完了です。

汚れがきれいに落ちていれば、シーラーと呼ばれる下塗り塗料がよく浸透しますから、その分、上塗りの密着性もUPするという次第です。

こういった様な屋根のメンテナンスについては、地元で評判の高い専門業者に依頼したい物ですね。

どのリフォーム業者に相談したら良いのか迷ってませんか?船橋外壁塗装ネット ≫千葉県内や船橋市内で外壁リフォームの評判が良い会社リストを確認してみる

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)