雨樋は地域の雨量計算から取り付け種類をちゃんと選ぶべき!

雨量計算

雨量計算とは、1㎡の空間に1時間どれだけ降ったかを計算する方法です。

天気予報等で、雨が1時間に〇〇㎜降ると聞いた時、どの程度の雨量が実際に降りかかってくるのかを把握しなければなりません。

雨樋はお住いの地域で雨量計算の雨量をまかなえる物を

1時間当たり50㎜の雨が降る場合は、100cm×100cm×5cm=50,000?=50リットルとなります。

雨水を効率的に流す為に採用する雨樋は、これらの水量を回避できる排水能力がある雨樋を選ばなければなりません。

お住まいの地域でどれ位の雨が降る傾向があるのかをリサーチし、どの程度の水量を排水させる雨樋が適切なのかを考えて選びましょう。

ちなみに船橋市においては、10月が一番雨量が多くて降水量は232.6mmとなっています。

雨樋の種類は雨量から適した物を業者に選定してもらう!

雨樋には沢山の種類があり、径の大きさも形も沢山あります。

外壁業者選びで分からなくなってネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装を行う業者は、口先上手なセールスマンの話では無く『職人と直接話せる業者』を選ぶのが失敗しない大事なポイントです。

≫外壁塗装業者は「職人と話せる業者」を選ぶべき理由とは?

沢山のサイズがある理由は、それだけ地方により雨が降る量に差があるという事です。

雨樋の選定を業者任せに取り付けてしまうと、実際の雨量の排水を万度に行う事が出来ず、結果的に雨樋の意味をなさない場合があります。

雨樋を見積してもらった際には、この雨樋が地域の雨量を考えた適切に選定された物なのかを業者に問い合わせてみましょう。

瞬時に答えが返ってくる場合は、選定した材料に自信がある証拠です。躊躇した場合は、根拠があって選定した雨樋とは言えないでしょう。

雨樋は雨水を回避させる為に取り付けるアイテムなので、機能を満たしていなければ意味がありません。

雨樋の取り付け技術で効果は違う!業者選定は慎重に

また、取り付ける雨樋の種類をちゃんと選んでも、取り付けてくれるリフォーム業者の腕が悪いと充分な効果が発揮できません。

雨の流れ方が悪くなってしまい、余計な騒音を立ててしまう様になってしまう事も多く有ります。

ご自分でも気になるどころか、ご近所にも同じ不快を与えてしまう事があります。

このような雨樋は取り付けても意味がないどころか、逆に精神的な負担を強いられてしまいます。

なのでこういう雨樋のリフォーム業者の選定はしっかり行い、快適に使える雨樋を取付けてもらいましょう。雨樋の働きにより、建物の寿命も高める事が出来ます。

どのリフォーム業者に相談したら良いのか迷ってませんか?船橋外壁塗装ネット ≫千葉県内や船橋市内で外壁リフォームの評判が良い会社リストを確認してみる

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)