外壁塗装でフッ素とシリコン塗料どちらが良い?違いを比較した結果!

フッ素とシリコン塗料の比較

外壁塗装でフッ素塗料とシリコン塗料の違いを比較!

〔目次〕

【PickUp!】船橋で評判の良い外壁リフォーム会社見つかりました?
住宅の塗装工事の評判が船橋エリアで一番良い会社ってどこ?みなさんの口コミから地域で評価の高い会社を集めてご紹介しています。

船橋エリアで信頼されている外壁リフォーム業者リストを確認する

フッ素系とシリコンどちらが外壁塗装に適してるの?

外壁塗装の中で普及品のシリコン系の塗料と最高級の効果を発揮してくれるフッ素系の塗料。

普及系の塗料には普及系の良さがあり、最高級の塗料には最高級の良さがあります。

けれども、実際にはそこまで大差はないと言う話も良くお聞きします。

この2つの塗料には、どのような違いがあるのでしょうか。外壁塗装におけるフッ素とシリコンの違いを比較してみました。

フッ素塗料とシリコン塗料の4つの比較ポイント

外壁塗料の違い

耐久性

耐久性は、フッ素系塗料が約20年であり、シリコン塗料が約10年の耐用年数です。

その為、フッ素系塗料の方が耐久性が高い塗料といえます。

外壁業者選びで分からなくなってネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装を行う業者は、口先上手なセールスマンの話では無く『職人と直接話せる業者』を選ぶのが失敗しない大事なポイントです。

≫外壁塗装業者は「職人と話せる業者」を選ぶべき理由とは?

フッ素系塗料はメンテナンスの手間がかかりにくいので、大変便利な塗料です。

けれども、フッ素塗料は発売から20年経っていないので、本当にその年数持つのかは未知数と業者間ではウワサされる事も多いです。

外壁塗装工事の費用の安価さ

外壁塗装工事の費用の安さは、シリコン塗料の方が断然お安いです。

シリコン塗料は相場で㎡あたり1800円程度であり、フッ素系塗料は㎡あたり3000円程度ですので、断然シリコン塗料の方がお安くなります。

塗膜の汚れにくさ

塗膜の汚れにくさは、シリコン系もフッ素系もどちらも高い効果を発します。

フッ素系塗料に含まれているフッ素は、フッ素コートのフライパンと同じ役目を担うので、汚れにくさの軍配はフッ素系塗料にあります。

シリコン系も汚れが付着しにくいのですが、フッ素系塗料よりも柔らかい塗膜ですので塗膜に汚れが刺さってしまう性質がありますので、フッ素系よりは汚れやすいと言えます。

ツヤの選択

外壁塗装の塗膜のツヤは、ツヤ有りとツヤなしの選択が出来るのが定番です。

しかし、フッ素系塗料の場合はツヤ有りしか選択をする事が出来ません。

そのため、ツヤの選択を自分流儀にしたい場合はシリコン塗料の方が適しています。

ツヤ無しがお好きな場合は、フッ素系塗料はオススメ出来ません。

シリコン塗料は溶剤系の物がおすすめですよ!

こういった様に、基本的には外壁塗装を行うのであれば、シリコン塗料での塗装を実施するのがコストパフォーマンス的には優秀です。

また、シリコン塗料も大きく分けて「水性」と「溶剤系」と呼ばれる二種類の物が御座います。

現在は水性の物を勧めてくる業者が多いですが、実際には溶剤系と呼ばれる油性塗料の方が性能は高く耐久度も強いです。

水性の物も今は同等と言う言い方をして業者はセールスを行いますが、実際は全然違います。

ただ、業者の方としては水性の方が塗りやすく高度な技術も必要ないので、そういう言い回しを使ってくる事が多いみたいです。

なので、外壁塗装を行うのであれば、ちゃんと溶剤系のシリコン塗料をおすすめしてくれるリフォーム会社が信頼できますよ。

どのリフォーム業者に相談したら良いのか迷ってませんか?船橋外壁塗装ネット ≫千葉県内や船橋市内で外壁リフォームの評判が良い会社リストを確認してみる

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)