外壁の塗装時に気泡が出来てしまう原因と失敗しない対策!

外壁塗装の気泡

外壁塗装の際に気泡が出来てしまう場合は、残念ながら腕の良くない業者さんという証拠となってしまいます。

塗装は様々な工程があり、気候も大きく影響するので、それらの見極めもプロとして大事な事となります。

外壁塗装に気泡が出来てしまう理由

残念ながら、そこま出来ない業者さんも沢山いるのが現状です。

塗膜に気泡が出来てしまう原因は、下記が挙げられます。

下地が乾燥していない

下地に水分があると、塗料と下地と密着しなくなり気泡が出来てしまいます。

雨の日や湿度の多い日に無理して塗装工事を行うと、このような状態になってしまう事があります。

1個前の工程の放置時間以前に次の塗装を行う

下地が乾燥していない場合と同じですが、1個前の塗装工程が乾燥する前に次の塗装を塗布すると、気泡が出来てしまいます。

塗料の放置時間は、各メーカーや材料により異なります。

その時間をきちんと守って次の工程に進む事は、良い塗膜を作る為にはとても大事な事です。

外壁業者選びで分からなくなってネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装を行う業者は、口先上手なセールスマンの話では無く『職人と直接話せる業者』を選ぶのが失敗しない大事なポイントです。

≫外壁塗装業者は「職人と話せる業者」を選ぶべき理由とは?

ローラーの毛足の長さが塗膜と合っていない

ローラーには毛足の種類もあり、塗料の粘度等に合わせて種類を変えて使うのが鉄則です。

プロの塗装の職人さんなら解って当たり前なのですが、知識が無い職人さんであれば、どの塗料にも同じローラーを使ってしまい、塗膜を作ってしまいます。

1回の塗料塗布量が多すぎる

塗料の塗布量というのは各メーカーや種類により決まっており、少なくても良くないですが多すぎても良くありません。

塗布量を多くしてしまうと、硬化時間に時間がかかってしまい、表面硬化と中身の効果とが伴わなくなってしまい、気泡を発してしまいます。

塗料の撹拌のミス

塗料は最初から全て混ぜ合っている材料ばかりではなく、施工前に数種類の材料を混ぜ合わせて撹拌した上で使う材料も多くあります。

その撹拌が正確じゃなければ効硬化不良が発生してしまい、気泡を作ってしまう事があります。

これらのミスは、塗装に詳しい職人さんが行うと起きる事はまずありません。

気泡などのミスが無い外壁の知識が深い専門業者に依頼を

知識に乏しい職人さんが施工を行うと起きてしまう事ですので、腕に信用出来ない業者には絶対に頼まないようにしましょう。

安易に訪問販売のセールスマン等の口車に乗せられない様に、しっかりと信頼のおける会社に依頼をされるのがベストです。

当サイトでも船橋エリアで評価の高い外壁リフォーム業者を掲載していますので、ご興味のある方はご参考下さいね。

どのリフォーム業者に相談したら良いのか迷ってませんか?船橋外壁塗装ネット ≫千葉県内や船橋市内で外壁リフォームの評判が良い会社リストを確認してみる

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)