安い外壁塗装の塗料を使うと結露を発生させる原因になる!

外壁塗装時の結露

外壁の塗装は外壁を守り建物を守るので、とても大事な部分です。

建物の寿命を高める為に必要な外壁塗装のリフォームですが、その仕方により結露が発生しやすい厄介な建物にしてしまう事があります。

結露を発生し辛い施工を外壁塗装時には行いましょう

外壁の塗膜を万度にするという事は、外壁に1枚のしっかりとした膜を作る事となります。

外的刺激から建物を守る為には必要なのですが、外壁の内部に通気層が無い場合は、建物内部の湿気を外部に吐き出す事が出来なくなってしまいます。

その為、建物内部で湿気が滞留する事で結露を発生させてしまいます。

サイディングのように外壁内部で空気の通気層を作っている場合は問題ありませんが、モルタルのように外壁内部に通気層が無い場合は、外壁塗装のリフォームの仕方に注意をしなければなりません。

外壁業者選びで分からなくなってネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装を行う業者は、口先上手なセールスマンの話では無く『職人と直接話せる業者』を選ぶのが失敗しない大事なポイントです。

≫外壁塗装業者は「職人と話せる業者」を選ぶべき理由とは?

結露しやすい建物を作ってしまうパターンは、安価な外壁塗装のし過ぎが問題です。

安価な塗料で何回も塗装を行うと結露の原因になります

外壁にクラックが出来て補修し外壁全体に塗装を行い、また数年でクラックが発生し補修し、また外壁全体に塗装を行う…。

安い塗料だとこの頻繁な外壁塗装工事を、たった数年で何度もしてしまう事で、必要以上の塗膜の厚みになってしまいます。

強固な膜が外壁表面に出来上がってしまい、建物を分厚い防水シートで覆ってしまい様な感じになってしまい、湿気の逃げ場のない結露しやすい建物を作ってしまいます。

このような状態になってしまうと、建物内部がカビ臭くなったり、アリの大量発生等、せっかくのリフォームなのに建物の状態を悪くさせてしまう状態へと導いてしまいます。

10年以上持つ塗料で外壁塗装は行う様にしましょう

このように頻繁にクラックを発生させない為には、溶剤系塗料や弾性塗料を使う事で頻繁に塗装等のメンテナンスをする事を抑える事が出来ます。

溶剤系、弾性塗料は質の良い塗料ですので、10~15年程持つ塗膜と言われております。

むやみに外壁塗装工事を行う必要が無いので、結露しやすい建物にしてしまう事を避ける事が出来ます。

どのリフォーム業者に相談したら良いのか迷ってませんか?船橋外壁塗装ネット ≫千葉県内や船橋市内で外壁リフォームの評判が良い会社リストを確認してみる

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)