モルタル外壁からサイディングへリフォームする時は工法を選ぼう!

モルタル壁

既存のモルタル外壁をサイディングにリフォームする場合は、2つの方法があります。
どちらにも、メリットデメリットがあります。

どちらが自分の意に合うのかを考えて、選びましょう。

モルタル外壁をサイディングに変えるリフォームの種類

既存の外壁を解体撤去し、窒素系サイディングを張る方法

これは既存の外壁をバリやピック等で取り外し、綺麗に取り除きます。下地施工をし、窒素系サイディングを張る方法です。

既存の外壁を外して、新築の時の様に下地取付け~サイディング施工という流れで行います。

既存の外壁を外すまで1週間程度かかり、解体材の産業廃棄物処理料金が発生します。なので費用はそれなりにかかる物の、しっかりとした仕上がりになります。

既存の外壁を全て取り外す事で、内部構造材の良し悪しを確認する事が出来ます。
選ぶ材料や建物の大きさにより異なりますが、船橋市内では150万~300万程かかります。

同じ工法で金属サイディングを使っても、似たような金額が掛ります。

既存の外壁を残し、その上から金属サイディングを張る方法

既存の外壁の上に、更に外壁下地を張って空気層を作ります。その上から、新しい金属サイディングを張りつけます。

外壁業者選びで分からなくなってネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装を行う業者は、口先上手なセールスマンの話では無く『職人と直接話せる業者』を選ぶのが失敗しない大事なポイントです。

≫外壁塗装業者は「職人と話せる業者」を選ぶべき理由とは?

既存の外壁はそのままですので、その分外壁を外すリフォームと比べると安価になります。

金属サイディングの重ね張りにはメリットが多い

しかし、建物の構造材の劣化度合いの確認が出来ないと言ったデメリットもあります。

けれども外壁を2重にする事で耐震性が高まり、大地震でも揺れを軽減させる事が出来るといったメリットが沢山あります。

金属サイディングの中には断熱材が充填されているので、建物の断熱性が高まり遮音性も高める事が出来ます。

外壁が多少厚くなってしまうデメリットもございますが、建物耐力を高める事が出来るという面では、とても優れた工法と言えます。

材料や建物の大きさによって変動しますが、船橋エリアでの相場は100万~200万程かかります。

「重ね張り」には窒素サイディングは向きません

重ね張りで窒素サイディングを選ぶと、窒素サイディングの重さ建物に大きな負担をかけてしまうので、望ましくありません。

窒素サイディングの1枚当たりの重さは、15kg程あります。

金属サイディングを比べると雲泥の差なので、既存外壁をそのままにして更に窒素サイディングの荷重を掛けるのは、避けるべきと言えます。

どのリフォーム業者に相談したら良いのか迷ってませんか?船橋外壁塗装ネット ≫千葉県内や船橋市内で外壁リフォームの評判が良い会社リストを確認してみる

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)