木造モルタル外壁の耐久年数と塗り替えのサイン!【10年が目安】

木造モルタル外壁の耐久年数

従来の戸建て住宅といえば、木造モルタル壁が一般的で、数多くの住宅の壁に用いられています。

そんな木造モルタルのご自宅の壁も、そろそろ塗り替えを考えなくては、という方も多いのではないでしょうか。

今回はそういった、木造モルタル壁の耐久年数と塗り替えのサインを確認する方法をご紹介致します!

木造モルタル壁の耐久年数ってどのくらい?

目安としては、10年~15年と言われていますが、それよりも実際に自分の目で、壁の状態をチェックしてみることが大切です。

問題が有るのであれば、対策を取らないと家自体の寿命が縮んでしまいます。

詳しいことまでは分からなくても、ちょっと気をつければ、いろんな所に劣化のサインが出ているものです。

壁の劣化が始まっている代表的なサイン!

木造モルタル壁に特徴的な劣化のサインとしては、まず壁のクラック(ひび割れ)があります。

地震などでクラックができることもありますが、通常よく見かけるのは「ヘアークラック」と呼ばれる髪の毛ほどの細いひび割れの方です。

外壁業者選びで分からなくなってネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装を行う業者は、口先上手なセールスマンの話では無く『職人と直接話せる業者』を選ぶのが失敗しない大事なポイントです。

≫外壁塗装業者は「職人と話せる業者」を選ぶべき理由とは?

また、「チョーキング」というサインもあります。こちらはサイディングなどでも起こる現象ですが、表面を触ってみれば、チョークのような粉が付くはずです。

チョーキングは壁の防水性の劣化を意味しますから、放置しておくと雨漏りの原因になったりします。

塗装ははあなたの趣味に併せて様々な色に仕上げる事が可能です!

実際に問題が発見された場合、塗装の塗り替えが必要になりますが、「木造モルタルだから大してきれいにできないし」などと思う必要はありません。

あなたの趣味に合わせた外壁にモデルチェンジする事も可能ですよ。

いろんな種類の色が用意されていますから、和風の落ち着いた雰囲気にすることも、ポップな印象に仕上げることも自由自在。

光沢のある豪華な外観の建物にしたければ、天然石調のセラミック塗料を使う手もあります。

劣化を放置してしまうと、塗装だけでは済まない事も

ただ、同じ木造モルタルでも、壁の劣化が激しい時には、塗装の塗り替えでは対応できません。その時には、壁を解体して、下地部分から作り直します。

その分、確かに費用は掛かってしまいますが、ただしメリットも少なくありません。構造体の腐朽の有無が確認できますし、新たに断熱材を入れたり、耐震性をアップする策を講じたりと、家を文字通り生まれ変わらせることが可能です。

結果としてどのようなリフォーム方法になるにせよ、終の棲家として長く住み続けたいということであれば、定期的なメンテナンスだけは欠かさないこと。それが一番重要だと思います。

どのリフォーム業者に相談したら良いのか迷ってませんか?船橋外壁塗装ネット ≫千葉県内や船橋市内で外壁リフォームの評判が良い会社リストを確認してみる

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)