外壁をメンテナンスフリーに変える金属サイディングの魅力!

メンテナンスフリー

外壁のリフォームを行って、メンテナンスフリーにしたい!そんな時にオススメしたい材料は、金属サイディングです。

外壁のサイディングを用いてメンテナンスフリーな外壁にしよう!

金属サイディングとは、金属で表面仕上げをしているサイディングです。メンテナンスフリーと言える理由は、下記の通りです。

金属サイディングがメンテナンスフリーと言える理由

乾式工法なので劣化する部分が無い

一般的なサイディングのように目地にコーキング施工するタイプでは無く、目地に同じ金属系の部材をはめて納めます。

時間経過する事による劣化の材料が無いので、メンテナンスフリーと言えます。

表面仕上げが強い

表面仕上げが金属なので、雨風等の外的刺激に侵される事があります。

表面劣化が無いので、半永久的に使う事が出来ます。

耐震性が強い

1枚2kg程のとても軽い材料なので、建物に負担をかけません。

その為、万が一大きな地震が来ても外壁が剥がれてしまう心配がありません。

金属サイディングは軽いので重ね張りが人気

外壁のリフォームに金属サイディングを使う場合、材料自体が物凄く軽い為、既存の外壁を剥がさずにそのまま張る、重ね張りも可能となります。

外壁業者選びで分からなくなってネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装を行う業者は、口先上手なセールスマンの話では無く『職人と直接話せる業者』を選ぶのが失敗しない大事なポイントです。

≫外壁塗装業者は「職人と話せる業者」を選ぶべき理由とは?

2重の外壁になる為に建物が丈夫になると、船橋ではほとんどの方が金属サイディングへのリフォームの場合は重ね張りを採用しております。

窒素系サイディングやタイルと使うと、どうしても目地を設けなければいけないので、コーキングを重点に行います。

コーキングは素材が硬くなると2面接着が崩れてしまい、コーキングが切れてしまいます。

新しく充填してから、10年程経つと硬化して切れてしまいますので、その都度メンテナンスが必要となります。

金属系のサイディングだとコーキングのメンテナンスが無い

50年建物を使うとなると、4~5回はコーキングのメンテナンスを行わなくてはいけません。

モルタルや塗装仕上げの場合は、木構造材の収縮により外壁に亀裂が入ってしまいます。
表面上のヘアクラックであれば問題ありませんが、外壁に向こうまで亀裂が入ってしまうと、建物内部に水分を回してしまいますので、湿気の原因となります。

その為、コーキングと同じように、4~5回はメンテナンスを行わなければいけません。

現状、そこまでのメンテナンスが出来ておらず、建物の中に水分を浸透させてしまっている住宅が大半です。

金属サイディングには、このような面倒くささが一切ありませんので、外壁塗装のメンテナンスフリーを考えるのであれば、断然金属サイディングをオススメします。

どのリフォーム業者に相談したら良いのか迷ってませんか?船橋外壁塗装ネット ≫千葉県内や船橋市内で外壁リフォームの評判が良い会社リストを確認してみる

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)