外壁の塗装を放置しておくのは危険!定期的にリフォームを

外壁塗装の放置

塗膜には寿命がありますので、その寿命を超えたら塗り直しをしなければなりません。

特に外壁は、紫外線等の外的刺激を多く受けてしまうパーツで、家を長持ちさせるには塗膜の寿命には注意しなければなりません。

外壁の塗装を放置しておくのは危険です!

外壁塗装の平均的な寿命は、10年前後と言われています。

しかし、簡単に塗り直しと言っても、費用がかかりますし面倒ですし、まだ大丈夫なんじゃないかしら?と思われて放置してしまうお宅は、結構多いようです。

素人さんの見た目的には大丈夫のように思える外壁塗装ですが、どんな外壁塗装でも年々耐久性が落ちてしまいます。

その為、何十年も持つという外壁塗装は、世の中には存在しません。

外壁の塗装を放置しておくとどうなるのか?

塗膜に寿命が超えてしまった状態で外壁塗装を放置しておくと、果たしてどうなるのでしょうか。

外壁表面の防水効果の低下

外壁全体の防水効果が落ちるので、雨水や湿気などが浸透していきます。

外壁業者選びで分からなくなってネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装を行う業者は、口先上手なセールスマンの話では無く『職人と直接話せる業者』を選ぶのが失敗しない大事なポイントです。

≫外壁塗装業者は「職人と話せる業者」を選ぶべき理由とは?

サイディング等で表面がボコボコブヨブヨになっていくのは、外壁塗装の防水効果低下が原因です。

雨漏りの原因に

外壁塗装が劣化して剥がれてしまうと、外壁自体に耐久性が無くなってしまいます。

ひびが入りやすい外壁になってしまい、ヘアクラック等のひびが細かく発生してしまいます。

建物内部に水や湿気が浸透し、雨漏りのする建物にしてしまいます。

断熱効果の低下

外壁沿いには、グラスウールを充填しているお宅が殆どです。

グラスウールは、少しでも水分を含んでしまうと断熱効果が低下してしまいます。冬寒く夏暑い、非常に不快な建物にしてしまいます。

建物全体の劣化

腐蝕が進んでしまい、構造材等にも影響を与えてしまい、建物自体の劣化に繋げてしまいます。

酷い場合は、建物の倒壊に繋げてしまう、とても恐ろしい状態になってしまいます。

このように、外壁塗装で建物を守れなくなってしまうと、最悪の場合、建物の倒壊へと繋げてしまいます。

こういった事が起きない為にも、塗装を放置せず定期的にメンテナンスを行う様にしましょう。

どのリフォーム業者に相談したら良いのか迷ってませんか?船橋外壁塗装ネット ≫千葉県内や船橋市内で外壁リフォームの評判が良い会社リストを確認してみる

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)