外壁塗装時には足場の他に高所作業車を使う事も有る!

高所作業車

外装塗装をする際に必要になる仮設物の中に、足場があります。外液塗装は高い位置の塗装もありますので、足場が無ければ届きません。

外壁塗装のリフォームの時の足場の種類と必要性

新築工事の時は足場が既に設立されていますので、その足場を利用して塗装作業を行います。

しかし、リフォームで外壁塗装工事を行う際には、塗装工事の為に足場を設立しなければいけません。

一般的な枠組み足場の場合、その業者や地方価格にもよりますが、おおよそ㎡当たり800円前後が相場になっております。

それを住宅1件分設立するので、30坪程度の住宅の場合、約20万円かかります。

ただ外壁を塗りたいだけなのに、見えないお金に20万もかけるなんて、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これは必要経費です。

高所作業車で外壁塗装を行うリフォーム店も有る

また、時折リフォームで用いられる足場が、高所作業車です。

高所作業車は、電線や電話工事で電柱の近くで電気屋さんが作業しているのを見かけますが、あの昇り降りする重機の事を指します。

小型の高所作業車であれば10m程まで上がるので、住宅の外壁の塗装をするには問題なく行う事が出来るケースもあります。

外壁業者選びで分からなくなってネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装を行う業者は、口先上手なセールスマンの話では無く『職人と直接話せる業者』を選ぶのが失敗しない大事なポイントです。

≫外壁塗装業者は「職人と話せる業者」を選ぶべき理由とは?

外壁塗装で高所作業車を使う時にデメリット

しかし、住宅の塗装を行う際に高所作業車を使う事には、デメリットもあります。

それは、隣地との間が狭い場合は、高所作業車のバケットが目的部分にまで行き渡る事が出来ない事です。

道路に面している部分の外壁、敷地に余裕がある面の外壁でしたら、高所作業車のバケットが届きます。

しかし、隣地との離れが1m程度の住宅はよくある光景ですので、そのような外壁環境であれば、高所作業車では塗装工事を万度に行えない場合があります。

その場合は、その部分のみ足場を設立する事が対処法として取られるケースが多いです。

足場をかけずに無理な作業をすると事故につながります

はしごでやってしまっている塗装屋さんもお見かけしますが、はしごで2m以上の高さの作業を行う事は、建築基準法で禁止されています。

無理な体勢で作業をしてもらうと、思わぬ労災事故に繋がります。

塗装の最終的な出来栄えも大事ですが、安全に事故なく工事を納める事が、本来の工事として望ましい形です。

無理な作業をせず、快適な外壁の塗装工事を行うようにしましょう。

どのリフォーム業者に相談したら良いのか迷ってませんか?船橋外壁塗装ネット ≫千葉県内や船橋市内で外壁リフォームの評判が良い会社リストを確認してみる

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)