屋根のリフォームの形状変更がおすすめな理由や人気の材質を紹介!

屋根の形状変更

リフォームでは既存住宅の形状を変更することもあります。時にはリノベーションに近い様な内容になる事も有ります。

たとえば屋根の瓦ぶきをスレートや金属製に変えるような場合です。

今回はその様な、屋根のリフォームの形状変更がおすすめな理由と流れについて詳しく掲載しております。

屋根の形状変更を伴うリフォームについて

屋根の形状変更を行うと言う事は、比較的大規模な修繕となります。

形状を変える場合と言うのは、その住宅に何かしらの問題が発生していたり、それが起こりそうな場合に行う物です。

屋根の形状変更は家の機能を上げる効果もあります

その他には家の機能性を上げる時に用いられる事が有ります。

瓦屋根を例にすると、古い住宅で従来の瓦屋根であったら、それはとても重く、住宅の耐震性や構造に大きな負荷をかけてるわけです。

これからの住宅と言うのは、環境負荷だけでなく、省エネルギーも当然ですし、耐久性も比較的高いものが求められています。

外壁業者選びで分からなくなってネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装を行う業者は、口先上手なセールスマンの話では無く『職人と直接話せる業者』を選ぶのが失敗しない大事なポイントです。

≫外壁塗装業者は「職人と話せる業者」を選ぶべき理由とは?

これまでは瓦屋根が用いられてきた理由として、その耐久性がありましたが、現代ではそれに代わる材質も多く登場しています。

ですので、新築でも瓦屋根を選択されるところは徐々に減っていますね。

瓦屋根の変更を行うならば、FRPへの材質変更が人気です

瓦屋根のままであれば、材質をFRPに変えたりするのが多いようです。

重さは従来のものに比べて1割以下、耐久性、耐水性も十分あり、何よりメンテナンスが不要のものも多いのです。

断熱、防音効果も期待できて、光熱費も軽減できます。

それ以外でしたらスレートだったり、さらには金属製でガルバニウムやアルミ製の屋根も多く選択されています。

これらもまた瓦屋根に比べると軽くて丈夫、住宅の気密性を高めるうえでも使いやすくなってるところが特徴と言えます。

ただし、瓦屋根から別の材質に変更する場合は基礎工事も必要となる事もあるので、そこは事前に業者さんに対して確認しておくようにしましょう。

どのリフォーム業者に相談したら良いのか迷ってませんか?船橋外壁塗装ネット ≫千葉県内や船橋市内で外壁リフォームの評判が良い会社リストを確認してみる

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)