外壁にはウレタン樹脂とシリコン樹脂どちらを選ぶのが良い?

ウレタン樹脂とシリコン樹脂

外壁塗装にはウレタン樹脂とシリコン樹脂が良く使われています。

けれども私達素人にはどういった材料が良いのか?その違いは分かり難いですよね。

今回はそういった、ウレタン樹脂とシリコン樹脂の違いについてご紹介して行きます。

シリコン樹脂のメリットは安くて汚れが付きにくい!

まずシリコン樹脂ですが、現在一番よく使われてる材料です。なぜ良く使われてるのかと言うと、価格と耐久性のバランスが良いところです。

以前は高めの材料でしたが、普及してるために価格が下がってきたので、ほかの材料と比べても高くないようになってきたのです。

シリコン系の一番の特色は表面に汚れが付きにくいところですね。

ただ、それがデメリットになることも。

外壁業者選びで分からなくなってネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装を行う業者は、口先上手なセールスマンの話では無く『職人と直接話せる業者』を選ぶのが失敗しない大事なポイントです。

≫外壁塗装業者は「職人と話せる業者」を選ぶべき理由とは?

古いシリコン塗料の上に別の塗料を塗ろうとする場合、一度すべてのシリコン塗料をはがす必要があります。

汚れが付きにくい分、ほかの塗料との接着が悪いので塗り替えの時などに手間が増えて費用がかさんでしまう事も有ります。

経年劣化等でもはがれにくい「ウレタン樹脂」

ではウレタン樹脂はどうでしょうか?ウレタン樹脂のもっとも良い部分は密着性の良さです。

表面性情も良いため、屋上の防水目的でも使われます。(シリコンでは防水目的では使われない)

経年劣化でもはがれにくく、少し弾力のあるのが特徴と言えますね。

ですので、リフォームなどで新しく塗料を塗ろうとするとき、別の材質であっても密着してくれます。

他の材料、たとえばフッ素系とか光触媒などは材料費だけでもかなり高額になるので、リフォームの予算が限られてる場合はどうしても安い材料を選ばなくてはなりません。

その時にシリコンか、ウレタンにするかは、そのあとのことも考えて決めるべきですね。 リフォームのしやすさ、耐久年数も重要な要素ですから、適当な事を言わない信頼できる施工業者と相談されてみてくださいね。

どのリフォーム業者に相談したら良いのか迷ってませんか?船橋外壁塗装ネット ≫千葉県内や船橋市内で外壁リフォームの評判が良い会社リストを確認してみる

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)