雨樋部分のリフォームで火災保険が適応されるケースまとめ!

火災保険

結構ご存じで無い方も多いのですが、火災保険を使う事で、雨樋の修理を0円で行う事が出来る場合があります。

雨樋部分は火災保険でリフォームを行う事が出来る事も

これにはいくつかの条件がございますので、該当しなければ火災保険で賄う事は出来ません。

そのいくつかの条件やポイントを、解りやすく箇条書きにまとめてみました。

経年劣化は該当しない

火災保険は何かの原因で起きた状態にしか、保険料は発生しません。経年劣化は、ただの時間の経過による劣化ですので、該当しません。

火災保険の中の風災・雪災・ヒョウ災に該当する修理

火災保険は、火災による被害の他にも、風災、雪災、ヒョウ災の保証も行ってくれます。
火災保険のパンフレットに「風災・雪災・ヒョウ災による窓ガラスや屋根の破損」という記載がある場合は、雨樋の工事も該当します。

殆どの火災保険には風災保証が付いているので、該当すると思って良いでしょう。

風災保証で、屋根の被害を補償してくれるので、付属的な雨樋も該当します。

風災の該当は最大瞬間風速で決まる

風災に該当すると言っても、少しの風による影響は該当しません。強い風を受けた事により損害を受けたという事で、損害とみなされます。

最大瞬間風速の該当は、最大瞬間風速20m/秒が基準となります。最大瞬間風速が20m/秒以下の場合は、保険の対象外とされます。

風災に該当した日から3年以内が該当

いつでも申請できる訳ではなく、強い風により被害を受けた日から3年以内までが該当します。

外壁業者選びで分からなくなってネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装を行う業者は、口先上手なセールスマンの話では無く『職人と直接話せる業者』を選ぶのが失敗しない大事なポイントです。

≫外壁塗装業者は「職人と話せる業者」を選ぶべき理由とは?

3年以内に、保険会社に保険申請しましょう。

3年を過ぎると失効してしまいますので、気を付けましょう。わざわざ大それた書類を急いでそろえなくても、まずは保険申請する旨を保険会社に使えましょう。

その電話をした事で、保険申請に該当します。

損害価格20万円の金額の捉え方を間違えない様に!

損害額20万円と聞くと、20万までは自己負担を捉えてしまいがちですが、これ大きな間違いです。

屋根修理金額が20万以下ですと補償対象になりませんので、保険金は0円になります。屋根修理金額が20万円以上になると、全額が補償対象になります。

その為、30万かかった場合は、30万全てが保証の対象になりますので、1円も自己負担はありません。

雨樋だけで20万円以上の修理代金というのは、あり得ません。

その場合、風災で破損してしまった部分も一緒に修理するようにし、20万円以上にします。

屋根材のズレや破損等、それに伴う足場等の仮設費用も加算されるので、20万円以上に簡単に達する事が出来ます。

このような流れに当てはまると、雨樋を火災保険で修繕する事は可能です。

どのリフォーム業者に相談したら良いのか迷ってませんか?船橋外壁塗装ネット ≫千葉県内や船橋市内で外壁リフォームの評判が良い会社リストを確認してみる

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)