関西ペイントのEPシーラーを使用するメリットや製品の特徴!

EPシーラー

関西ペイントのEPシーラーは2種類あります

塗装作業で多く使われる事の多い、関西ペイントのEPシーラー。素地の吸い込み止めの効果が高く多くの現場で利用されている塗料です。

このEPシーラーには、実は2つの種類があります。

今回はそう言った、2つのEPシーラーの特徴と魅力を、ご紹介いたします。

EPシーラーの特徴と魅力まとめ

EPシーラー 透明
アクリル樹脂エマルション系透明シーラーであり、JIS K 5663の合成樹脂エマルションシーラーです。

ホルムアルデヒド放散等級はF☆☆☆☆ですので、安心して使う事が出来ます。

特徴は、アルカリシール効果に富んでおり、速乾性なので作業効率を高め、素地への吸い込み止めに優れている部分です。

色は透明であり、つや有りで仕上がりは平滑です。劇物表示や労安法上の表示有害物は、一切配合されておりません。

塗装間隔時間は、2時間~7日です。
主な適用素材は、コンクリート、モルタル、スレート、石膏ボードです。

外壁業者選びで分からなくなってネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装を行う業者は、口先上手なセールスマンの話では無く『職人と直接話せる業者』を選ぶのが失敗しない大事なポイントです。

≫外壁塗装業者は「職人と話せる業者」を選ぶべき理由とは?

EPシーラー 白

アクリル樹脂エマルション系着色シーラーであり、JIS K 5663の合成樹脂エマルションシーラーであり、JIS K 6909の外装薄塗材E下塗り材です。

ホルムアルデヒド放散等級はF☆☆☆☆ですので、こちらも安心して使う事が出来る塗料です。

特徴は、透明シーラーと違う部分は、着色シーラーなので上塗りのトマリの向上に効果を発揮してくれる事です。

色は白色であり、つやは無く平滑に仕上がります。

劇物表示や労安法上の表示有害物は、透明シーラーと同様に一切配合されておりません。

塗装間隔も、透明シーラーと同じ2時間~7日です。
主な適用素材も、透明シーラーと同じく、コンクリート、モルタル、スレート、石膏ボードです。

EPシーラーは内部でも外部でも安心して使えます

EPシーラーの特徴

余計な成分は一切配合していないシーラーですので、外部でも内部でも安心して使う事が出来るシーラーです。

下地のトマリが気になる場合は、白色がオススメです。下地が気にならない場合は、透明シーラーがオススメです。

刷毛やローラー、スプレー、どの作業方法でも快適使う事が出来る塗料ですので、作業性にもとても富んでいる、理想的なシーラーです。

どのリフォーム業者に相談したら良いのか迷ってませんか?船橋外壁塗装ネット ≫千葉県内や船橋市内で外壁リフォームの評判が良い会社リストを確認してみる

コメント

  1. 海野 誠 より:

    EPシーラーの代わりにビニデラックス300を塗ることは出来ますか。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)