屋根塗装時の縁切り作業の重要性とタスペーサーの効果!

屋根の縁切り作業

タスペーサーとは、屋根の塗り替えリフォームの際に、屋根材同士の縁切り作業を行う為の部材です。

洋風瓦等の、屋根勾配の方向に向かって材料を重ねながら作り上げる屋根材の工法の場合に使用する部材です。

屋根の縁切り作業はとても重要な工程です!

新築時には、屋根材同士の重ね部分に隙間がある事で、屋根や建物の呼吸を上手く出来るような仕組みになっております。

その通気のおかげで、小屋裏等に上手く通気させる事が出来るので、建物の中の湿気等を上手く逃がして釣り合いを保っております。

屋根の塗り替え時にはしっかり縁切りしないと建物が呼吸できません

リフォームの際に屋根の塗り替えをする場合、塗膜で重なり部分を密着させてしまいますので、呼吸が出来ない状態を作ってしまいます。

屋根材の縦突合せ部分から万が一雨水が侵入する事があっても、屋根の横重ね部分から水分を排出させる事が可能ですので、その仕組みで上手く雨水を逃しています。

しかし、それが塗膜で密着して屋根全体が塞がれてしまうと、雨水の出ていく経路が塞がれてしまうので、万が一屋根内水が入った際に水分を滞留させてしまい、結果的に湿気や雨漏りへと繋がってしまいます。

このような失敗事例は良くあり、せっかくの屋根の塗り替えも建物を劣化へと導いてしまい、最悪な状態へと導いてしまいます。

外壁業者選びで分からなくなってネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装を行う業者は、口先上手なセールスマンの話では無く『職人と直接話せる業者』を選ぶのが失敗しない大事なポイントです。

≫外壁塗装業者は「職人と話せる業者」を選ぶべき理由とは?

屋根の縁切り作業の時にはタスペーサーを使おう

単純に、くっ付いてしまった塗膜をカッター等で縁切ってあげれば問題ないと思うかもしれません。

しかし、それではせっかくの塗膜が剥がれてしまったり、屋根材の小口を破損させてしまう事がありますので、良くありません。

タスペーサーで縁切りをする事で、強制的に隙間を作る事が出来ます。その為、普通に塗装をしてもきちんと縁切りさせる事が出来ます。

シーラーやプライマー等の下塗りを塗布した後、完全に乾いたのを確かめてから、タスペーサーを挿入します。

このような部材を使った際、劣化によるタスペーサー自体の飛散が無いのかが心配になると思います。

タスペーサーの施工は環境に良い

それらの実験は全て行っており、間違いなく強風で飛散しないという結果が出ていますので、安心して使う事が出来ます。

また、屋根の上を歩いた際、その荷重によりタスペーサーの破損も考えられない事はありませんが、野地板さえしっかりしていれば全くの問題はありません。

洋瓦等の材料の屋根の塗り替えは、タスペーサーを使うだけで快適な屋根の塗り替えになります。

どのリフォーム業者に相談したら良いのか迷ってませんか?船橋外壁塗装ネット ≫千葉県内や船橋市内で外壁リフォームの評判が良い会社リストを確認してみる

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)