屋根の下り棟の数を増やすと雨漏りの原因になってしまう事も!

屋根の下り棟

最近では、家を守る大事な部分、屋根のリフォームが注目されてきています。そんな屋根の中でも下り棟の部分が雨漏りをしてまう事が時折あります。

下り棟は、寄棟屋根の大棟から分岐している斜めの棟です。

一般的な寄棟屋根は4面の屋根部分から成り立っているので、下り棟も4本あるのが一般的です。

大棟と下り棟の取り合い部分を「かき合い」といいます。

屋根の下り棟の構造次第では雨漏りをしてしまう

大棟から下り棟の方向を見るとYの形になっている、この部分に雨漏りが多く生じてしまう事が難点と言われています。

切妻屋根が雨漏りしづらいのは、棟が1つしかないからです。

寄棟には最低でも4つの下がり棟があり、かき合いがあるので、防水性に乏しいデメリットがあります。

その為、板金を使った屋根の場合は、飲み込みを多くしたりなど様々なコツで、雨水が屋根内部に侵入しないよう施工を致しします。

外壁業者選びで分からなくなってネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装を行う業者は、口先上手なセールスマンの話では無く『職人と直接話せる業者』を選ぶのが失敗しない大事なポイントです。

≫外壁塗装業者は「職人と話せる業者」を選ぶべき理由とは?

面倒なのは、瓦屋根はかき合い部分の加工がとても難しい事です。

瓦屋根は下り棟を沢山作ると雨や雪が溜まりやすくなる

瓦だけで納めるのでは防水性に乏しいので、漆喰などを使って防水施工を施す事が一般的です。

それでも紫外線等の影響により劣化しやすいので、漆喰の効果は何年も持ちません。瓦屋根に下り棟を沢山作ってしまうのは、オススメ出来ません。

建物の見栄えを良くする為に、単純な寄棟ではなく様々な家の形に寄せ棟屋根を構成して取付けると、下り棟だらけの屋根になってしまいます。

特に、他の屋根部分より引っ込んだ位置に出来てしまう下がり棟は、雨水や雪が溜まりやすくなってしまうので、雨漏りの原因になってしまう事があります。

下り棟の屋根はおしゃれだけれど雨漏りには注意

こう言った様に下がり棟を作る場合は引っ込んだ位置に作らないよう、設計の段階できちんとチェックしておきましょう。

下り棟が沢山ある屋根の方が、少ない屋根より断然カッコいいです。しかし、屋根の性能はガックリ下がってしまいます。

屋根は雨水を避ける役目ですので、見た目よりも雨をきちんとしのげる屋根にする事の方が大事です。

屋根をどのような形に作るのか考える場合は、そこも含めて検討しましょう。

どのリフォーム業者に相談したら良いのか迷ってませんか?船橋外壁塗装ネット ≫千葉県内や船橋市内で外壁リフォームの評判が良い会社リストを確認してみる

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)