屋根のリフォームでカラーベストが最近選ばれる理由!

カラーベスト

カラーベストとは、平型化粧スレート屋根の事を指します。ここ数年また求められるようになってきた個性的な屋根材です。

ここではそんな、カラーベストについてご紹介致します。

カラーベストの屋根をリフォームされる事がおすすめな理由

問題なのが、2000年以前のカラーベストは、アスベストが含まれているという事です。

セメントとアスベストを練り込んで圧縮成形した、厚み4.5㎜のセメント板にアクリル塗装をした物が、以前のカラーベストでした。

その為、2000年以前に製造されたカラーベストには、微量にもアスベストが混入されていると言われています。

そこからさかのぼっていくと、どんどんアスベストの含有量が増えていきますので、不安な方はリフォームをされる事がおすすめです。

カラーベストの屋根をリフォームする際の工事種別

2000年以前にカラーベストの屋根にした住宅の屋根のリフォーム方法は下記の物が一般的です。

新しいカラーベストに取り替える

2000年以降のカラーベストにはアスベストが含まれていないので、新しいカラーベストに張り替える事をオススメします。

外壁業者選びで分からなくなってネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装を行う業者は、口先上手なセールスマンの話では無く『職人と直接話せる業者』を選ぶのが失敗しない大事なポイントです。

≫外壁塗装業者は「職人と話せる業者」を選ぶべき理由とは?

塗り替え

既存のカラーベストのアスベストは残ってしまいますが、高圧洗浄を掛けてカラーベスト表面を綺麗にし、3工程の塗装を行う方法もあります。

最近のカラーベストは機能性が高くおすすめです!

カラーベストの素晴らしい部分は、軽い部材だという事。

屋根を軽くする事で建物の重量を軽く出来るので、建物の重心を低くする事が出来ます。
減震効果を期待する事が出来ますので、地震が多い今の日本に対して物凄く効率的な住宅とする事が出来ます。

今流行りの太陽光発電装置の重さは、グランドピアノ1台分のとても重い重量です。

カラーベストで屋根の重さを軽減できるので、太陽光発電を屋根上に乗せても、然程の重量負担にはなりません。

カラーベストのメンテナンスについて

カラーベストのメンテナンスとしては、数年~10年に1度程度は塗装をしなければなりません。
耐久性は高いのですが、板金や瓦の様に強固ではないので、都度塗装にてケアをしていかなければならない事が、唯一のデメリットとも言えるでしょう。

しかし、見た目には最大の魅力があります。

最近のカラーベストには有害物質は含まれておりませんので、個性的な住宅にリフォームをしたい場合は、カラーベストはオススメです。

どのリフォーム業者に相談したら良いのか迷ってませんか?船橋外壁塗装ネット ≫千葉県内や船橋市内で外壁リフォームの評判が良い会社リストを確認してみる

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)