外壁のコーキング補修の大切さとDIYを行う時に知って置く事

外壁コーキング

外壁部分のコーキングが劣化してくると、そこから水が入ってしまい家が傷む原因になったりします。

そういう事に気付かずに放置してしまうと、雨漏りなどが発生してしまう物です。

そんな、外壁のコーキング補修の大切さとDIYする際のポイントについて詳しくご案内して行きます。

コーキングを補修する大切さとDIYについて

防水性や気密性を高めるためのゴム状の材料で、窓のサッシや換気扇の周りに、隙間を埋めるように使われているのが「コーキング」です(シーリングという呼び方もあり)。

寿命は3年~5年程度と短いですが、場所によっては10年持つこともありえます。

劣化が始まると徐々に痩せていき、さらにひび割れや剥がれへと進んでいきます。

もちろん劣化を放置しておくと、雨漏りの原因にもなりますので、外壁塗装の際には、しっかりとチェックしてもらいましょう。

コーキングの補修の方法はどういう物があるの?

なお、補修の方法には、古いコーキングを取り除いて新たに充填する「打ち直し」と、従来のコーキングの上から新しいコーキングを補充する「打ち増し」の2種類があります。

外壁業者選びで分からなくなってネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装を行う業者は、口先上手なセールスマンの話では無く『職人と直接話せる業者』を選ぶのが失敗しない大事なポイントです。

≫外壁塗装業者は「職人と話せる業者」を選ぶべき理由とは?

作業が簡単で安く補修できるのが打ち増しの利点ですが、信頼性という点では、やはり打ち直しに軍配が上がります。

外壁塗装の際にコーキングの点検と補修をしてもらうにしても、塗り替えのタイミングとコーキングの補修時期がいつも合うわけではありません(コーキングの劣化は短期間で進む事が有る)。

DIYで外壁コーキングの補修を行うには?

そこで日曜大工が得意な方の中には、コーキングのDIYにチャレンジする方も結構いるようです。

外壁塗装のDIYは、ある種無謀と言われています。けれどもそれに比べるとコーキングのDIYは作業範囲が狭いだけに根気よくやれば、確かに素人でもできないわけではありません。

実際、ホームセンターに行けば、コーキングガンやマスキングテープ、さらにはコーキングを剥がすのに役立つスピンカッターといった道具類が簡単に手に入ります。

コーキングのDIYを行うコツ!何より無理は禁物です

上手に作業をするためのコツは二つです、一つ目は、劣化したコーキングをできるだけ完全に剥がすこと。

これが不十分だと、充填した新しいコーキング剤自体が剥がれてしまいます。二つ目は、コーキング剤の種類に注意することです。

クラックの補修にはポリウレタン系、サイディングの目地には変性シリコン系など、用途によってコーキング剤を使い分けなければなりません。以上の2点については、特に注意してください。

そして何よりも注意したいのが、コーキングを行ったとしても無理はしない事。腕に自信が有る方以外は、ちゃんと業者さんに依頼しましょう。

どのリフォーム業者に相談したら良いのか迷ってませんか?船橋外壁塗装ネット ≫千葉県内や船橋市内で外壁リフォームの評判が良い会社リストを確認してみる

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)